S-house 2012

2014年10月 「漬物の季節」

Posted on 2014-12-25

大根干しの季節

今年も漬物を漬ける季節になりました。
晩秋が苦手だった妻は、漬物を漬けるようになってから、
冷えてくるのが楽しみになったと言っています。
屋根付きのデッキは、大根を干すのにもとっても重宝です。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年12月 「土壁塗りワークショップ」

Posted on 2014-06-28

土壁塗りワークショップにご参加くださったみなさん、ありがとうございました!
おかげさまで、みんなの気持ちがこもった温かみのある楽しい家になりました。

SONY DSC

僕自身、友人の家のワークショップに参加して土壁の良さを知ったので、
自分の家にただ施工するのではなく、恩返しとして、他の人にも知ってもらいたいと
今回のワークショップを企画しました。

ただ、「人んちの壁塗りしたい人ってそんなにいるの?」と妻に言われ。。
どれくらい来てくれるかなと思っていたところ、2日間で30人の人が来てくれました。
物好きな人って結構いるもんです(笑)

講師は、以前にも紹介した野田左官の野田肇介さんです。

参加者が自分の家でもセルフで施工できるように、と、単なる壁塗り作業体験だけではなく、
養生から材料の配合、道具の後片付け、はたまた仕事の心構えまで、ユーモアを交えながら
みっちりと教えてくれました。
SONY DSC

参加者のみなさんもおとなの泥んこ遊びに夢中。
真剣なまなざしで、練習壁に何度も塗っては剥がしするひとも。
泥んこが自分の手で壁になっていくのは、とても面白いです。
参加してくれた友人Asakoちゃんが、ワークショップの様子を超詳細にレポートしてくれました。
写真もたくさん載っています。ぜひご覧ください。
http://tomato.sblo.jp/article/82354433.html#more

参加者の方数名から同じことを言われました。
「職人が塗った方が速くてきれいだろうに、よく自分の家を素人に塗らせたね(笑)」
実は僕にも多少の迷いはありました。
でも実際にやってみて、ワークショップにして100%よかったと思っています!
素敵な出会いになりました。家がつないでくれたこの縁を大切にしていきたいです。

ここから、また土壁の輪が広がったらうれしいなー。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年10月「ピクニック」

Posted on 2013-11-18

ピクニック

今日は家族でピクニックです。
行先は、新しい家の庭先。
シートを広げておにぎりを食べながら眺める我が家はかっこいい!
大工さん、やりにくそうですけど^^

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年9月「ペンキ塗り」

Posted on 2013-11-18

ペンキ塗り

外壁の木部のペンキは自分で塗ることにしました。
どーせ数年後には自分で塗り直すことになるし、お金も節約になるね。
うちの外壁はほとんどがガルバリウム鋼板。
木部はあんまりないんだけど、なめてたら以外になかなかなボリューム。
ペンキ塗りが得意な義父に助っ人をお願いしました。
義父は、自宅をいつも一人で塗り直ししていて、やっぱりうまい。

羽目板は、組みつけてからだと重なる部分が塗れないので、張る前に山形建設さんの倉庫を借りて、
塗ります。
1日目、昼休みをとって倉庫に戻ってみると、ひとりペンキ塗りをする人影が。
先輩のDさんがつなぎを来て手伝いに来てくれていました。
Dさんは、土こちらえのときもいつも気にかけて様子を見に来てくれます。

結局3人でまる2日かかりました。
うーん。いい色。かっこいい。
家にはまったときにどんな風になるのかな。楽しみです。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年9月「上棟式」

Posted on 2013-11-18

ひと月の出張中にすっかり棟が上がっていた我が家。
戻ってすぐに、バタバタと上棟式の準備です。

「S家のことだから、きっと餅まきの餅も自分たちでつくんでしょ~」と
察しのいい友人たちが手伝いに来てくれました。
本当にありがとう!

おかげでいい上棟式になりました。
我が家は、みんなに本当にお世話になりながらできていくなーと感じています。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年8月「土こしらえ」

Posted on 2013-11-18

サンプル

さて、土の採取のあとは土こしらえです。
どろどろの土をさらさらの粉末状に仕上げなければなりません。

今回使う土は、下川某所から採取させてもらった、グレーがかった土と、金っ気の黄色い土です。
白土と金土と呼ぶことにしました。
まずは、水気の多い白土をブルーシートに広げて、天日に干して乾燥させます。
広げた土が乾くまで快晴続きでも3日かかりました。
それをハンマーでたたいて砕いて、ふるいにかけて。
また次の土を乾燥させて、という作業の繰り返しです。

こりゃ壁塗り予定の11月までに終わらん!
と、途方にくれていたところ、6月下旬に左官屋の野田さんが浦川町からはるばる登場。
作戦変更で、白土は水で溶いて、どろどろの状態のままふるいにかけることにしました。
2人で二日間、ひたすら溶いてふるっての繰り返しです。
草木の根などの不純物を漉した土は乾きが速く、一気に作業が進みます。
奥さんのCちゃんまでもが、砕きの作業に参加してくれました。

野田さんが帰ったあとは、またひたすら乾燥、砕き、ふるいの毎日です。
家庭をかえりみず、出勤前と帰宅後、土日も作業です。
妻も1歳の子どもを抱えて、よく文句も言わず作業をさせてくれました。

けれども、なかなか未処理の土が減りません。
さてどうしたものか。道路工事用の振動ローラーの出動です。
町内のレンタル会社から借りてきて、家の前で2日間ひたすら砕きます。
これははやい!

友達にも入れ替わり手伝ってもらって、ふるいの作業が続きます。
ありがとう!

そんなこんなで、出張前の8月中旬には、なんとか土こしらえ700キロが完了しました。
あんなにどろどろだった土が、こんなにサラサラできれいになるなんて~!
感激です。

塗りの作業はワークショップでやりたいと思っています。
興味のある方、ぜひ実際に土に触れて見てください。きっとはまりますよ^^

そうそう、実際に土壁を施工したいと思った方、
こんなに大変じゃ無理!と思わないでくださいね。
ふつう、土は左官屋さんが用意してくれますから。

最後に、土壁のサンプルの写真をどーぞ。
土の配合や表情を変えて、野田さんがいくつもサンプルを作ってくれました。
どれもよくって迷う~。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

締め出された!

Posted on 2013-10-21

帰宅すると、家に入る前に新築中の家の周りをぐるっと回ってから、中に入るのが日課になっています。

そうそう、今住んでいる家の向いが新しい家なんです。

今日は、「おっ、郵便受けがついてる」「玄関扉は昨日ついてたな。」と扉を開いて入ろうとすると、

鍵が閉まってる!入れないじゃん!

 

と思ったら、自宅に鍵が届いてました。

どんどんできていくなー。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年9月 「土壁」

Posted on 2013-09-24

前のブログにもチラっと書きましたが、
室内の壁の大部分を下川産の土壁にする予定です。

きっかけは、5年くらい前に参加した友人のストローベイルハウス(わらの家)の土壁塗りでした。
土壁の圧倒的な存在感とやわらかい質感。
泥んこがみるみる壁になっていくおもしろさ。
グイっと惹きつけられました。
そして、調湿、蓄熱の効果があり、壊れても簡単に修復が可能。
さらに、最後には剥がしてまた壁の材料に使えるし、使わなくても元の土に戻るのみ!
最高じゃないですか!

北海道浦河町に、野田肇介さんという左官職人がいます。
http://www.nodasakan.com/
尊敬する僕の友人です。
彼は、淡路島で本格的な土壁の修行を積み、北海道に戻ってからは地元の土にこだわって多方面で活躍しています。
今回、彼にお願いして、下川産の土を使った壁作りをすることになりました。

野田さんからもらった宿題は、
・壁に使える下川産の土を探すこと
・土を採取すること
・土を塗り壁に使えるように粉末状にこしらえること

壁に適した土は、粘土質だそうです。
そして、きれいな色の土。
僕の希望は、なるべく白っぽい壁でした。

5月の末に、3箇所から5種類の土のサンプルを採取し、野田さんに確認してもらって2種類に絞り込みました。
地主さんに許可をもらって、軽トラック2台分、肥料袋に70袋の土を運び出しました。
かなりぬかるんだ場所にあり大変でしたが、親父とふたり、黙々と作業する時間は、なんだかなつかしく、いい時間でした。

つづく

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年9月 「ダイジェスト」

Posted on 2013-09-24

前回のブログ更新から、かなり時間が空いてしまいました。
前回から今日までをダイジェストで振り返ります。

まず現在の状況ですが、
実はいま、静岡県に1ヶ月の出張中です。
9/19の出発の朝にはまだ基礎でしたが、先ほど妻から上棟したとの連絡がありました。
下は、妻から送られてきた写メです。かっこいい!

20130906103243

なにもないところに家の形ができていく、一番ダイナミックなところを見られず残念!
大工さんありがとうございます!

前回の更新からこれまでの間は、家作りの全ての期間を通しても、きっと考えることがたくさんの濃いー期間だったと思います。

施工して下さる工務店は山形建設さんに決定しました。
森とイエのシステムである相見積もりをして、一番金額を頑張って下さった山形さんに決定しましたが、
決めてみてわかったことは、親身に相談に乗ってくれて、飾らない言葉で率直なご意見やご提案をしてくれる
安心の工務店です。親分肌の山形さんと、きさくで頼もしい大工さんたち。
途中の変更にもいやな顔もせずに対応してくれます。

この家のこだわりは、持続的な環境から生産された材料を使うことと、
家がいずれ役割を終えたときにも、できるだけ環境負荷を残さないこと。
そのために、可能な限り地域の天然素材で建てたいと思いました。

木材は、床や壁だけではなく構造材まで無垢材を使いたいと、設計士の照井さんに何度もお願いして、
出来る限り下川産、足りない分は北海道産の無垢材を手配してもらいました。

そして、室内の壁は、ほとんどを下川産の土壁にすることにしました。
北海道浦河町に、北海道の土にこだわって仕事をするイケメン左官職人がいます。
僕の友人、野田肇介さんです。今回、彼にお願いしてワークショップを開いて塗ろうと計画しています。
使う土は、採取から土こしらえまでをセルフですることになり、
実は、このブログをサボっていたほとんどの期間、土こしらえをしていました。
このことは、また改めて書きますね。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed

 

2013年5月 「ドキドキ」

Posted on 2013-05-20

森とイエプロジェクトにお願いすることに決めてから今までを、順を追って書こうと思っていたのですが、今の進捗にどんどん置いていかれるばかり。。
順を追うのをやめて、今の状況から話を進めます。

何度も作り直してもらったプランですが、ブログが滞っている間に決定していたのでした。
現在は、実施設計という詳しい図面も出来上がり、プロジェクト参加の各工務店に見積もりをしてもらっているところです。
予算内におさまるだろうか、、ドキドキです。

設計士と家を建てるって、思っていた以上に手間がかかります。
が、その分、思いの詰まった家になると思います。
そのプロセスまで楽しめる、もしくは楽しみたい人にはおススメです。
僕らも、今のプランに至るまで、何度も何度もやり取りをし、「なんで!もうできない!」と思った時期もありました。
でも、そういった時間を経て、
「設計士の人は今の僕らの要望だけじゃなく、僕らのイメージできていない将来のこと(誰かに住み継がれた後の将来も含め)、それから地域全体のことまで思いを巡らせて設計士してくれているんだ」
ということに気づきました。
設計士が描いているイメージを、僕ら素人がそのまま同じようにイメージすることは、どんなに言葉を尽くしてもできませんが、それは実際に建ってみてからのお楽しみ。
そう思えるまでの関係にやっとたどり着けたかな。

RSS Feed  Tags:
Posted in オーナーズボイス | Comments Closed