森とイエ

CONCEPT住まい手 × 建築家 × つくり手

私たちの暮らす北海道で生まれた木材を使い、
これまで北海道が育んできた快適な住宅づくりのための技術を利用した、地域らしい暮らしを叶える家づくり。
森とイエは、そんな想いに共感していただいたクライアントとの出会いを大切にして、
しっかりとした技術力を持つ地域の工務店と、
クライアントとの会話を重ねてカタチを描く建築家とのコラボレーションによる、
地域に根ざした家づくりを提案します。

3つの夢

森とイエの思想に共感し、家づくりをしていただいた住まい手の皆様。さまざまな資材や技術の協力をいただいた木材産業の皆様。私たちの活動は、これまでも多くの皆様の理解と協力に支えられてきました。

1st dream地域を守る人を育む
地域の産業は、地域の人の暮らしを育みます。木材産業はもとより、地域の工務店は地域での仕事を生み出し、継続して家を守るしくみをつくっています。地域の人材を育てること、それは地域の暮らしを守ることにつながっていると私たちは考えています。
2nd dream自由で安心な家づくり
ライフスタイルが多様化した現在では、もっと自由な家づくりが「どこでも」求められています。森とイエは工務店と建築家が協力して、地域での自由な家づくりや、魅力的なまちを育むきっかけづくりを行なっています。
3rd dream地域らしさの創造
産業や景観、それぞれの地域にはそれぞれの特色があります。森とイエは家づくりを文化として捉え、地域らしい住宅の創造に取り組んでいます。地域で生まれた素材の活用や産業との協働、デメリットの克服や特性の利用など。地域らしさを取り入れた家づくりは、地域らしい暮らしの再発見の機会となるでしょう。

地域を育む地域での家づくり。森とイエは、これからもこのような考えのもと、北海道らしい家づくりを進めます。そして、いろいろな地域で森と暮らす家づくりが育つことを願って、その実践と普及の活動を続けていきます。

3 POINTS3つのポイント

1

地域の工務店がつくる地域住宅

  • 地域住宅
  • 高い住宅性能(北方型住宅)
  • BISによる設計施工

森とイエの住宅は、地域の工務店がつくります。北海道では厳しい自然環境の中、暖かく快適な住まいを求め、長年に渡る研究と実践によって独自のシステムを持つ「北方型住宅」が育まれてきました。その技術を習得し、普及していくことは、地域の工務店にとって非常に重要であると私たちは考えます。森とイエのメンバーは皆が北方型住宅技術者「BIS」※1の認定資格者。安心の高気密・高断熱住宅を実現します。

省エネルギー性

北方型住宅ECO相当 ※2
外皮平均熱貫流率(UA値)0.38W/㎡・K以下
相当隙間面積(C値) 1.0cm3/㎡以下

  • ※1 Building Insulation Specialist(断熱施工技術者)の略
  • ※2 北方型住宅には「北方型住宅」基準と、より難しい「北方型住宅ECO」の基準の2つがあります
施工風景 断熱・気密
2

地域での家づくりも建築家と

  • 建築家の創造力
  • 魅力的な空間
  • 共通のデザインコード

地域住宅とはいえ、住宅のニーズは多様化しています。より満足度の高い住宅を提供すること、より良い住まいづくりを目指し、森とイエは建築家も共に企画・運営に関わっています。つまり、自由度の高い、高性能な住宅が実現できます。そして、建築家の創造力を駆使した魅力ある空間は、住まい手の日々の暮らしをより充実したものへと変化させることでしょう。また森とイエは共通のデザインコードを設けています。

デザインコード

軒や庇のあるデザインとする。
無落雪屋根を基本とする。
外装木材は修繕しやすい所に採用する。
外部建具は木製サッシュを基本とする。
薪ストーブまたはペレットストーブを設置する。
外構に燻煙処理枕木を採用する。

デザインコードイメージ1 デザインコードイメージ2
3

森と生きる家を創造する

  • 地域材を生かした内外装
  • 構造にも地域材を活用
  • バイオマスエネルギーなどの活用

暮らしは文化です。森とイエは、まちの森林資源を積極的に活用し、これからの時代に相応しい、環境性能の高い地域住宅であると共に、断熱・気密などの性能だけではない価値ある家づくりを目指しています。そのためには、バイオマスや地中熱などの自然エネルギー利用や意匠と耐久性までも含めた地域材を活用するなど、さまざまな方法でこれからの地域住宅を創造していきます。

バイオマス 地中熱

メンバーMEMBER

工務店メンバー

  • 山形 盛之

    (有)山形建設

    「盛りとイエ」を密かに計画中

  • 大野 真一郎

    大野土建(株)

    誠実・感謝・貢献を礎に「三方良し」の関係を築いていきたいです。

  • 髙橋 和之

    (株)丸昭高橋工務店

    持続可能な住まいを心掛けています。

建築家メンバー

事務局メンバー

運営体制OPERATING SYSTEM

企画/運営
森とイエ プロジェクト
事務局
森とイエ サポートセンター
札幌市中央区大通西二十六丁目1-18 円山アーク301号
Sa design office 内  TEL & FAX : 011-213-7636
地域コンセルジュ
一般財団法人 下川町ふるさと開発振興公社クラスター推進部 部長 相馬秀二